インプラント治療について

インプラントとは

インプラントとは、歯を失ってしまった場合に行う治療方法の一つです。歯の抜けた部分の骨にチタン製の人工歯根を埋入して、その上に人工歯を被せ装着する方法です。

インプラントのメリット

1、天然の歯と同じ力で噛める

入れ歯で噛むときの力は、自分の歯で噛むときの10分の1~20分の1ほどしかないと言われています。その一方、インプラントはあごの骨でしっかりと支えるため、自分の歯とほぼ同じ力で噛むことができます。

2、他の歯に負担をかけない

入れ歯を使うときは、他の歯を支えにして固定する必要があり、またブリッジを行う際には両隣の歯を削って土台を作らなくてはなりません。ともに歯がなくなった部分の周囲の歯に負担をかけてしまいますが、インプラントはあごの骨に人工歯を埋め込むため、単独で機能することができます。

3、しっかりと噛めるため、認知症予防にも有効

インプラントは自分の歯とほぼ同じ力でしっかりと噛むことができます。ものを噛むことで脳が活性化されるので、認知症の予防にも効果があると言えるでしょう。ある実験で、ご高齢の方にある写真を見せて、その後に写真の一部を変えて再び見せたところ、ガムを噛んだ直後では、噛まないときよりも正解率が約20%上がったそうです。このことからも、噛むことの脳に対する影響がうかがい知れます。

当院におけるインプラント治療

インプラント専門医が担当

当院では、高い技術力と豊富な経験を持つインプラントの専門医である藤森達也先生の協力のもと、より精密な治療を提供できるインプラント治療を行っています。インプラントの経験が豊富な歯科医師ですので、どうぞ安心してご相談ください。

インプラント担当医

藤森 達也

プロフィール
1998年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
歯科医師免許証 取得
2000年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科
インプラント学講座 入局
2004年 同卒業 博士(歯学) インプラント学専攻 取得
東京医科歯科大学歯学部付属病院 勤務

精密で安全性を高めるためにCTを活用

インプラントは外科処置を伴うため、安全性を十分に考慮して治療を行う必要があります。当院ではCTを活用することで、安全性を高めています。レントゲン写真では平面画像しか見られませんが、CTを使って撮影すると、奥行きを含めた立体的な画像を取得できるため、患者さんのあごの状態をよりくわしく調べることができます。詳細なデータを観察して精密な治療を患者さんに提供するため、しっかりとしたシミュレーションを行い安全性を高めています。

当院では2001年からインプラント治療を行っていますが、多数の症例経験と高い技術を持つインプラント専門医の協力を仰ぎ、CTを使って安全性を高めているため、治療後のトラブルは一度もありません。

費用について

インプラント治療の費用(トータル) 40万円(税込み)~

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら亀戸にある、アイリス歯科医院にまずはご相談ください

  • 診療時間 9:00-12:00 15:00-18:30 03-3637-7860
  • アクセス・診療時間