アイリス歯科からのニュース

2021.03.12更新

■矯正治療って、どれくらい痛いもの?

「歯並びが気になっているけれど、矯正治療って痛いの?」と気になっている人へ。
確かに痛みは伴うのですが、そのせいで矯正治療を途中で止めてしまったという話は、あまり聞いたことがありません。中には、少しくらい痛みがある方が「矯正が上手くいっている証拠」と感じて安心する人もいます。
矯正治療の痛みには個人差があるのですが、痛みが発生する原因は、主に3つ考えられます。
ひとつめは、「歯が動く時の痛み」。ふたつめは「食事をするときの痛み」、そして「矯正装置が口内に当たる痛み」です。
どうして痛みが発生するのか、痛みの予防法はないのか、これから一つひとつ説明したいと思います。

■矯正によって歯が動くときの痛み

ひとつめは、矯正によって歯が移動して、理想の歯並びに近づいていくときに起こる痛みです。
どうして歯が動く時に痛みが生じるのでしょう?
それは、歯が移動するために歯茎の中で、古い骨が壊される「骨吸収」と新しく骨が造られる「骨形成」という骨の新陳代謝がさかんに行われているからです。
歯の移動に従って周囲の神経や血管が圧迫されて炎症を起こし、生じている痛みなので、鎮痛薬を服用すると抑えられます。けれども市販の痛み止めを飲んでしまうと歯の動きが鈍くなってしまうので、薬を使ってもいいのか、事前に歯科医に確認する方がいいでしょう。

■食事をするときの痛み

矯正治療中、歯が動く痛みが出ている時に硬い食べ物を噛むと、さらに痛みが強くなり、
歯茎がズキズキと疼き出すことがあります。
こうなると、歯が食べ物に触れるだけでも痛いため、必然的に食べる量が減ってしまい、図らずしも「ダイエットできた」という人もいます。
ただし、歯を効率よく動かすためには栄養バランスのとれた食事が必要不可欠です。
栄養不足になってしまっては、新しく骨や細胞が作られなくなるので矯正治療がうまくいきません。
矯正中でも食べやすいメニューを工夫して、栄養をしっかり摂るように心がけてください。
矯正中の歯が痛む時は、あまり噛む必要のない柔らかい料理がおすすめです。
野菜たっぷりのシチューやスープ、具がたっぷりの味噌汁や豚汁、あまり噛まずに食べられるハンバーグや肉団子などのひき肉料理、魚のつみれ、湯豆腐など、栄養価の高いメニューを工夫しましょう。

■矯正器具が口内に当たる痛み

ワイヤーとブラケットで歯を動かしていく矯正装置は、口内に装置の一部が当たると痛みが発生することがあります。
ブラケットが盛り上がっているので、唇や舌、口内の柔らかい粘膜に接触すると、傷つけてしまいやすいのです。
口内の同じところにばかりに硬い器具が当たり続けていると、そこが口内炎になってしまい、痛みがさらに強くなることも。また矯正治療中、ブラケットが外れたりワイヤーが抜けたりすることも、それほど珍しいトラブルではありません。ワイヤーの端が頬の内側に刺さって痛いということも、よく起こります。
こうしたトラブルが発生した時のために、矯正を始める前に「ワックス」を渡されますので、外れたブラケットやワイヤーを留めたり、痛みの原因になるところをカバーしたりするために使ってください。
激しいスポーツをする時は、転倒したりぶつけたりして、矯正装置の一部で口内を切ってしまうことがありますので気を付けましょう。歯科医院で相談すれば、矯正装置をカバーするマウスガードなどを用意してもらえます。
吹奏楽などで口を使う楽器を演奏するときも、装置で口内を傷つけることがありますので気を付けてください。基本的には装置をつけたまま、楽器を演奏するのは問題ありません。

■口内炎になってしまったら

口内に矯正装置が当たって痛いところが口内炎になってしまったら、シール状の口内炎治療剤を貼ったり、軟膏を塗ったりして治します。
こちらも歯科医院で処方してもらえますので、相談しましょう。
口内炎の痛みは3~4日続きますが、1週間くらいで自然に治るのが一般的です。

■痛みはどれくらい続く?

矯正装置をつけて歯が移動する時に感じる痛みは、数日から1週間ほど続きますが、時間とともにだんだん治まっていきます。
矯正治療を始めたばかりの頃は強い痛みが出やすいため、装着して数時間後に「こんなに痛みがあるの!?」と驚く人が多いようです。その痛みは翌日も続きますが、2~3日すると治まります。
矯正治療を始めると、月1回くらいの頻度で定期的にワイヤーを調整しますが、その直後も痛みが出やすいタイミングです。

■痛みが出た時の応急処置・鎮痛薬は?

ワイヤーの端が口内に当たって痛い場合は、歯科医に相談すれば、飛び出した部分のワイヤーを曲げて、当たらないように調整してもらえます。
応急処置としては、あらかじめもらっておいたワックスで、痛みが出る装置の部分をカバーします。
矯正治療の痛みが我慢できない時は、鎮痛剤を服用することもありますが、市販の薬は歯の動きを阻害してしまうため、歯科医に相談してから使うようにしてください。
鎮痛剤というと一般的にはロキソニンなどのイブプロフェン系が有名ですが、歯科医院では、歯の動きに影響しないアセトアミノフェンの鎮痛剤「カロナール錠」を処方しているところもあります。
痛みに敏感で、矯正治療の痛みに不安がある方は、どんなことでも遠慮なく、歯科医に相談してください。よくコミュニケーションをとる方が、矯正治療がスムーズに進みます。

診療予約

投稿者: アイリス歯科

2021.02.15更新

■初期は矯正装置が外れやすい

ワイヤーとブラケットで⻭を動かしていくタイプの矯正装置は、治療中に外れてしまうことがあります。
特に⻭列矯正を始めたばかりの頃は、矯正装置が外れやすい傾向にあります。いきなり外れてしまったとしても慌てず、落ち着いて対処しましょう。
⻭列矯正の装置は、ワイヤーを通すためのブラケットを⻭の表⾯に⻭科⽤の接着剤で留めている状態です。⼀定の強い⼒がかかると外れてしまうのは、そう珍しいことではないので⼼配は要りません。
ただし、すぐに対処しないで外れたままにしておくと、⻭が勝⼿な⽅向へ動いたり、元に戻ったりしてしまいます。

■まずは通院している⻭科医院に連絡を

⾃⼰判断せず、まずは通院している⻭科医院に連絡して、どうすればいいか相談しましょう。
状況によっては、すぐに⻭科医院へ⾏って直したほうがいいケース、とりあえず⾃分で応急処置してもいいケースがありますので、⻭科医の指⽰に従って適切な処置を⾏うようにしてください。
⻭科医師に「応急処置をしておいて、次回に通院した時に診る」と指⽰された場合は、指⽰通りに対応しましょう。
応急処置は、⻭科医院によって違いはありますが、⼀般的に下記のような対応をしています。

■【応急処置の⽅法】ブラケットが外れた場合

⻭の表⾯に着けているブラケットは、⻭科⽤接着剤で留めているものなので、治療中に外れることは⻭科医としても想定内です。また接着すればいいのですから慌てることはありません。
⻭科医院に⾏くまでの間、応急処置としてワックスで固定します。
ワックスは、⽶粒もしくは⾖粒くらいの⼤きさに丸め、ブラケットを包み込むように押しつけます。デコボコしたところから後側までワックスが⼊り込み、少しの間、外れたブラケットをキープしてくれます。
ただし、外れた場所が⼀番奥であれば、それはブラケットではなくチューブというワイヤーの端を留めている部品です。そこが外れると、ワイヤーの端が頬の内側や⻭⾁に当たって痛みが発⽣する場合があります。そのまま放置していると、⼝内を傷つけてしまいます。チューブが外れたのに運良く装置の⼀部が⼝内に当たっていないのなら、次回の通院までそのままにしておいても良いです。でも、⼝内に当たっていたり、痛みが発⽣したりしていたら、すぐに受診して⻭科医に修理もしくは応急処置をしてもらってください。
ブラケットが外れた場所が端ではなく中間にあるものなら、それほど急いで対応しなくてもよいでしょう。ただし、⼝内で動いて邪魔になる時は、すぐに通院し、修理か応急処置を⾏ったほうが良いでしょう。
銀⻭など、⾦属製の被せ物をしている⻭はブラケットが外れやすくなりますの、硬いいものやくっつきやすいものを⾷べるのはなるべく避けるようにしてください。

■【応急処置の⽅法】ワイヤーが外れた場合

ワイヤーが少しくらい外れても、緊急性はないケースがほとんどです。もし、元の場所へ差し込めるようなら戻してください。
特に⻭列矯正を始めたばかりの頃は、細いワイヤーを使っているため、外れやすくなっています。
応急処置として、ワックスでブラケットに固定しておきます。ワイヤーの端が頬の内側や⻭茎に刺さって痛いという場合は、その部分をワックスで覆うようにして⼝内に当たらないようにします。病院に⾏くまでの措置として、清潔なガーゼを頬の内側に仕込むのもいいでしょう。
もし可能なら、⾶び出しているワイヤーの部分を、⽖切りやニッパーなどの⼯具で切断したり、曲げたりしましょう。
ただし、ワイヤーがすべて外れてしまった場合は、そのまま放置していると移動した⻭が元に戻ってしまいます。すぐに⻭科に連絡して、着けなおしてもらいましょう。

■【応急処置の⽅法】リガチャーワイヤーが外れた場合

リガチャ―ワイヤーは、⻭を動かすためのアーチワイヤーをブラケットに固定するための細いワイヤーです。
ブラケットに強い⼒が掛かると、リガチャ―ワイヤーが⾶び出してくることがあります。
応急処置として、割りばしやつまようじの先を使って、ブラケットの内側に押し込みます。

■【応急処置の⽅法】⼝内炎になってしまった場合

⼝内の同じところに装置が当たって痛みが出ると、⼝内炎になってしまうことがあります。
痛みの原因になるところをワックスでカバーし、さらに炎症が起きている部分へ⼝内炎治療剤というシール状の薬を貼ります。⼝内炎の痛みを伝えれば、⻭科医院で処⽅してもらえます。

■矯正装置が外れても⼤きな影響はありません

患者さんが矯正治療に慣れていない初期に外れることが多いのもあって、外れてしまうと

「治療に⽀障が出るのでは」

「⻭科医に扱いが悪いと怒られるかも」

と不安になってしまいがち。
しかしながら、そんな⼼配は要りません。矯正治療中には、よくあることなのです。
中には矯正装置がまったく外れない⼈もいますが、何度も外れる⼈もいます。外れれば着け直せばいいので、気に病んだりせずに、すぐに⻭科に連絡して、このあとどうすればいいか相談しましょう。そして⻭科医の OK が出たら、応急処置をしてください。

診療予約

投稿者: アイリス歯科

2021.01.09更新

歯列矯正にかかる費用の相場

■歯列矯正の治療費用の相場は?

歯列矯正の治療費の相場は、トータル10万円〜150万円程度です。
こんなにも金額に幅がある理由は、歯並びや噛み合わせの不具合といった症状の違いや治療に使う装置、治療期間などによって治療費が変わってくるからです。
基本的に歯列矯正は、健康保険が適用されない自由診療です。歯科医院・クリニックなどの医療施設によって価格設定が違います。
歯列矯正の価格設定は、使われる歯科素材や専門設備のほか、歯科医の専門性の高さによっても異なります。
歯列矯正は高い専門性を要する難易度の高い治療でありながら、法律上、歯科医師であれば誰が治療しても問題はありません。しかしながら実際は、歯列矯正についての専門知識や技術を修得した医師でなければ、矯正が成功するとは限りません。
そこで、患者として治療前に確認しておきたいのが、「日本矯正学会専門医・認定医」といった矯正治療に関する専門資格の有無です。
歯科医が技術・修得を修得するための研修や、専門設備導入のための投資を熱心にしている歯科医院の場合は、治療費が高額に設定されている傾向があるといえるでしょう。

■歯列矯正が保険適用になるケースがある?

先ほど、歯列矯正の治療費は健康保険が適用しないとお伝えしましたが、先天性の病気や症状によって歯列矯正が必要になる場合は、一部、健康保険が適用するケースがあります。
公的な医療保険が適用される先天疾患については、厚生労働省のホームページで「国民健康保険が適用される症状の種類と医療機関の条件」をご確認ください。

■歯列矯正の治療法を比較すると?

治療で使う矯正装置には、いろいろな種類があります。治療法別に費用相場を比較してみましょう。

●表側矯正:60万円〜100万円程度

矯正装置の中で、もっとも費用が安いのは、歯の表側につけるワイヤー+ブラケットの矯正装置です。
こちらは目立つ金属製の装置が一般的ですが、目立ちにくい矯正装置も選べます。ホワイトワイヤーや透明なブラケットの装置を選べば、少し高額になりますが、歯の色に溶け込んで目立ちません。歯科によっては、ノーマルなタイプと同じ金額で選べる場合もあります。

●裏側矯正 :120万円〜200万円程度

周りに気づかれにくい目立たない矯正は、費用が高い傾向にあります。中でも、歯の裏側に矯正装置をつける「裏側矯正」は、200万円を越える高額になるケースもあります。ただし、よほど大口を開けるようなことがない限り、正面から矯正装置が見えないという他にはないメリットがあります。

●セルフライゲーションブラケット矯正:80万円〜100万円程度

形はワイヤーを使った表側矯正の装置と似ていますが、ワイヤーが動きやすくてスピーディーに矯正できるという特徴があります。その分、一般的な表側矯正より費用が高額な設定です。

●マウスピース矯正:80万円〜100万円程度

透明なので目立ちにくく、食事や歯磨きの際は取り外しできるので、わずらわしさが少ないというメリットがあります。
前歯だけの部分矯正なら、10万円~70万円程度で治療できるケースもあります。

■歯列矯正の治療費に含まれる料金は?

それでは、矯正治療の費用には、どんな料金が含まれているのかを見ていきましょう。

●カウンセリング料:無料~5000円程度

初診の際の問診やカウンセリングは、無料で行っている歯科もあります。歯並びの悩みや治療の目的など、患者から詳しく話を聞きます。

●精密検査・診断料:3万円~5万円程度

顔・口内の写真やレントゲンの撮影、歯の型取りなど、あらゆるデータを採って、歯列矯正をどう進めていくか治療計画を立てます。
歯がどのように動いて歯並びが整っていくのか、コンピュータ上で3Dシミュレーションを行える歯科もあります。

●虫歯・歯周病の治療、抜歯

矯正治療を始める前に、虫歯や歯周病を治療します。患者の口内の状態によって、かかる費用は異なります。虫歯や歯周病の治療に関しては、健康保険が適用します。
虫歯や歯周病が悪化して歯を抜く場合は保険適用になりますが、矯正のために抜歯する場合は「自費扱い」になります。

●矯正装置の費用・装着料:60万円~100万円程度

口内の準備が整ったら、矯正装置をつけて治療が始まります。月1回ほど、装置の調整のために通院しますが、その都度、3000円~1万円程度の調整料がかかります。中には、月々の調整料は矯正装置の装着料に含んでいる歯科もあります。

●保定装置・保定観察料:無料〜6万円程度

歯が目標の位置まで動いたら、矯正装置をつける治療期間が終わります。
それからは、歯が移動した位置で安定するまで、保定装置(リテーナー)をつけます。
保定期間は人それぞれですが、一般的には矯正装置をつけていた期間と同じくらいかかります。
保定装置(リテーナー)は、矯正装置の費用に含まれている場合もありますが、別に必要なケースもあります。
また、数カ月ごとに経過観察のために通院が必要です。その際の費用の設定も歯科ごとに異なります。

■定額制・処置ごとの支払い制の違い

矯正治療の費用は、はじめに全額まとめて支払う「定額制」のケースと、処置を行うごとに支払うケースがあります。どちらの支払い方法なのかは、歯科によって異なります。
定額制の場合は、はじめにカウンセリング・診断を受けて、目標の歯並びになるまでの治療費をまとめて支払います。もし途中で歯が動きにくくて、治療が思いのほか長引いたときも、追加料金が発生しないという安心感があります。
定額制であっても、必ずしも80万円、100万円といったまとまった治療費を一度に支払わなくてはならないわけではなく、デンタルローンや分割払いの精度を取り入れている歯科がたくさんあります。矯正費の支払い方法が気になっている場合は、治療を受ける前に確認しておきましょう。

診療予約

投稿者: アイリス歯科

2019.08.29更新

亀戸 アイリス歯科では目立たないマウスピース矯正「インビザライン」を取り扱っています。

会社や学校で目立ったしまうのは嫌だから矯正は・・そんな悩みをお持ちの方はぜひ当院にご相談ください。

9月末日までのご契約の患者様は通常価格75万(税別)のところ60万(税別)のキャンペーン価格でお受けします。
この機会におしゃれに歯並び、整えてみませんか?

 

インビザライン

投稿者: アイリス歯科

2018.06.28更新

亀戸の歯医者さん、アイリス歯科です。

歯並びやかみ合わせを治す矯正治療にはいくつかの方法があります。

様々な矯正治療の中でも従来は歯の表面にブラケットを固定しワイヤーを通して歯を動かす方法が一般的でした。この方法は矯正をしていることがひと目でわかってしまうほど目立つものです。それ故、矯正治療に抵抗がある方も多くいらっしゃいました。亀戸の歯医者さん、アイリス歯科では先日DENマウスと呼ばれる矯正方法の講習会に参加してきました。

DENマウスピースは、ブラケットやワイヤーを使用せず透明なマウスピースを着けて矯正治療ができる装置です。そのため従来のようなワイヤーが目立つから嫌だと行った矯正治療に対する抵抗感もなくなりより手軽に矯正を行うことが出来るようになると思います。歯並びやかみ合わせでお困りの方はぜひ、亀戸の歯医者さんアイリス歯科までお気軽にご相談ください。

DENマウスピース

DENマウスピース矯正システムは亀戸の歯医者さん、アイリス歯科で受けられます。

DENマウスピース矯正システムの詳細はこちら

投稿者: アイリス歯科

2017.11.24更新

亀戸の歯医者さん、アイリス歯科です。当院は亀戸駅より徒歩5-7分。コンビニのファミリーマートの隣に位置します。アイリス歯科では虫歯治療など一般的な歯科治療に留まらず、お口にの中に関わる事のお悩みを解決していくお手伝いをしています。

今日は矯正治療のおはなし。
当院の構成は、基本は成長期における子供たちの歯並びと、顔の発育を改善していくことを目的としています。よって、治療開始時期は早ければ早いほど良い方向に向かっていきます。現在、子供たちの4人に3人が乱れた歯並びや成長不足の顎を持っています。通常、歯科医や矯正医はこの時点で治療を勧めません。歯科医は全ての永久歯が生えそろうまで待ち、ブランケとの装着と抜歯による治療を勧めます。

亀戸の歯医者さん、アイリス歯科では抜歯による矯正治療は行いません。抜歯矯正により、歯が綺麗に並んでいても舌房(舌の収まる場所)が狭くなり、将来様々な不定愁訴(なんとなく体調が悪いこと)や病気に繋がる恐れがあるからです。歯は神様からの贈り物です。むやみに歯を抜いてはならないのです。

歯並びは遺伝ではありません。口呼吸、舌の突き出し、逆嚥下(まちがった飲み込み癖)、指しゃぶりなどが顎の成長不足の原因であることが指摘されます。アレルギーや喘息なども影響しています。ブランケットによる歯列矯正が唯一の方法ではありません。

お子様や、ご自身の歯並びの事でお悩みの方はぜひ、亀戸の歯医者さん、アイリス歯科に一度ご相談下さい。

 

投稿者: アイリス歯科

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら亀戸にある、アイリス歯科医院にまずはご相談ください

  • 診療時間 9:00-12:00 15:00-18:30 03-3637-7860
  • アクセス・診療時間